看護婦

中絶手術の費用は妊娠時期によって異なります|早めの検査が必須

中絶方法

悩む女性

中絶というのは妊娠中期までに人工的に流産をさせることです。東京での中絶手術は妊婦の体に負担がかかりますし、不安もあるでしょう。また、計画的な妊娠でない場合は中絶を考えるはずです。中絶ができる時期が決められており、妊娠してから22週未満の期間なら中絶することが可能です。しかし、それを過ぎてしまうと東京の産婦人科で中絶することができないですし、自分で中絶しても犯罪になります。22週未満までなら中絶することが可能ですが、ある期間を過ぎてしまうと薬を使い無理矢理陣痛を起こして中絶させます。妊娠が分かって中絶するか悩むと思いますが、1人で悩むのではなく家族や相談所へ相談するようにすると精神的な負担が緩和されるでしょう。
妊娠初期であれば日帰りで手術を終えることができます。手術の前に同意書を記入したり東京の医師から説明を受けたりします。また、検査がありますが保険適用外になることがあるので気をつけてください。妊娠初期の手術には2つの方法があります。1つ目がスプーンの形をした器具を使い胎児を体外へ出す方法です。2つ目が吸引器を利用して胎児を吸いとる方法です。どの方法でも全身麻酔になるので、手術の約6時間前から飲食をすることができません。飲食をしてしまうと手術中に嘔吐するなどの危険があるからです。場合によっては子宮を広げるために数日かかることもあります。中絶手術はすぐに終わりますが、麻酔が抜けるまでに東京の病院で安静にして置かなければなりません。